CSR・環境情報

リスクマネジメント

当社では、グローバルな事業展開に伴い、多様化するリスクを最小化すべくリスク管理の充実・強化に取り組んでいます。
企業経営に重大な影響を及ぼす様々なリスクに対し、その顕在化の未然防止に努めるとともに、被害を最小化する迅速・的確な初動・復旧対応ができるよう、BCP(事業継続計画)の対策を進めています。

リスクマネジメント体制

 事業活動を行う上で重要な影響を及ぼすリスクを把握し、適切な対応をとるため、2008年3月に「リスクマネジメント規定」「リスクマネジメント実施要領」を策定し、太平洋工業グループのリスクマネジメント体制を構築しました。危機管理委員会をはじめとする全社会議体や各部門において、リスクの抽出・分析・評価・対応を実施しています。

 リスクマネジメント会議は、全社リスクを一元的に管理するとともに、重要リスクの対応方針、対応方法を審議し、対応状況の確認を行っています。PDCAのサイクルに則り、継続的なリスク管理を行うことにより、リスクの未然防止や低減、リスク発生時の対応に努めています。

 国内・海外の子会社においても、各社に統括リスクマネージャーを設置。各社の状況や事業形態に沿った活動を推進し、グローバルでのリスクマネジメントを推進しています。

リスクの一元管理体制図

BCP(事業継続計画)の推進

東海・東南海地震想定域である岐阜県内5工場には、「緊急地震速報システム」を導入
東海・東南海地震想定域である岐阜県内
5工場には、「緊急地震速報システム」を導入

 当社では、地震などの自然災害の発生や新型インフルエンザの感染拡大など、緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小にとどめつつ、事業の継続あるいは早期復旧を可能とするため、平常時に行なうべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)の対策を進めています。
東日本大震災では、日頃の訓練と初動対応の重要性を再認識するとともに、新たなリスク要因が判明しました。これを受け、BCPの観点から東海・東南海地震を前提とした想定の見直しを行い、危機管理・リスクマネジメントの強化に取り組んでいます。


<主な取り組み>

■従業員の安否確認
災害発生時に、従業員やその家族の安否確認が迅速に行えるよう、携帯メール等で安否報告を一斉回答する「安否確認システム」を導入しています。

1981年以前の建屋に耐震補強を推進
1981年以前の建屋に耐震補強を推進

■事務所・工場の被害軽減
建物の耐震診断と耐震補強対策を計画的に進めるとともに、設備の転倒・落下防止対策、窓ガラスの飛散防止などを進めています。
■製品・サービスの供給関係
生産活動の継続に向け、被災地以外の工場における代替生産、社内における安全在庫の検討を進めています。仕入先に対しては、地震対策の指導と対策推進に協力しています。
■情報システムバックアップ

各拠点に設置しているAED(自動対外式除細動器)
各拠点に設置している
AED(自動対外式除細動器)

「地震発生時の行動基準」小冊子
「地震発生時の行動基準」小冊子

基幹システムおよびサーバーなどのIT主要設備の耐震化を図るとともに、データのバックアップを強化し、地震・火災・水害などの災害に備えています。
■地域との共助・地域貢献
企業が果たす役割には「自助」と「共助」があります。当社は社会の一員として、地域の被害軽減に協力するとともに、企業が保有している組織力(人材)や資機材・技術の提供、従業員による救助活動、避難所としての社有施設の開放などを積極的に検討しています。
■教育・訓練
地震発生時の行動等を明記した「地震発生時の行動基準」を作成し、全従業員に周知徹底を図るとともに、年1回全社一斉防災訓練を実施しています。デジタル無線機や衛星電話を利用して全社の被災状況を確認するとともに、消防訓練や救護訓練などを実施し、社員の防災意識高揚を図っています。
応急手当の指導とデジタル無線を使用した全社一斉防災訓練 応急手当の指導とデジタル無線を使用した全社一斉防災訓練
応急手当の指導とデジタル無線を使用した全社一斉防災訓練

情報セキュリティ

 当社では、「情報システム委員会」を設置し、全社の情報セキュリティマネジメントを推進しています。企業における情報セキュリティの重要性が一層高まる中、2008年度は「IT規定」を発行し、情報セキュリティポリシーを明確にしました。
 外部からの脅威に対する防御や社内監視等については、システムによる技術的な対応を行うとともに、ID管理の高度化、情報セキュリティ監査の実施等、内部統制の充実を図っています。また、eラーニングを利用した定期的な教育を行い、従業員一人ひとりの意識向上を図っています。