サステナビリティ

サステナビリティレポート

バックナンバー

太平洋工業グループは、持続可能な社会の構築に向け、より多くのステークホルダーの皆様との双方向コミュニケーションの充実を図るため、2007年から「CSRレポート」を発行してまいりました。
2020年版は、サステナビリティに関するマテリアリティを特定し、その特定プロセスと環境チャレンジ目標を示したほか、開示情報のグローバル化を図り、サステナビリティ経営推進体制の刷新と合わせて、今後の取り組みの基盤として重要なレポートとなっております。
また、今回よりこれまでCSRとして行ってきた取り組みを、長期的な経営視点でグローバルに社会と企業の持続可能性を追求していくという観点から再定義し、「サステナビリティレポート」と名称を変更しました。
ステークホルダーの皆様の忌憚のないご意見をお待ちしております。

■サステナビリティレポート2020全文

掲載情報

イントロダクション(608KB)
トップメッセージ(675KB)
太平洋工業グループの概要(1,277KB)
太平洋工業グループのあゆみ(1,194KB)
太平洋工業グループのめざす姿(620KB)
価値創造モデル(691KB)
サステナビリティに関するマテリアリティの特定(1,073KB)
太平洋工業グループのマテリアリティ(1,280KB)
特集 トップ対談 ― 感染症時代に向き合う ―
代表取締役社長 小川信也 
× 一般社団法人 ぎふ綜合健診センター所長 岐阜大学名誉教授 村上 啓雄氏(1,091KB)
マネジメント
経済的側面の報告
社会的側面の報告
環境的側面の報告
財務
第三者意見(913KB)