サステナビリティ

サステナビリティレポート

バックナンバー

太平洋工業グループは、持続可能な社会の構築に向け、より多くのステークホルダーの皆様との双方向コミュニケーションの充実を図るため、2007年から「サステナビリティレポート(旧 CSRレポート)」を発行してきました。
現在当社では、昨年特定したサステナビリティに関するマテリアリティに基づき、サステナビリティ経営を進めています。今回は、その4つの柱と15のマテリアリティに沿った構成としています。
また、トップ対談では、昨年マテリアリティ特定の際にアドバイスをいただいた日本政策投資銀行設備投資研究所の竹ケ原啓介様に、気候変動への取り組みをはじめとしたサステナビリティ経営の在り方について、貴重なご示唆を多くいただきました。
ステークホルダーの皆様の忌憚のないご意見をお待ちしています。

■サステナビリティレポート2021全文

掲載情報

イントロダクション(610KB)
トップメッセージ(2,491KB)
太平洋工業グループの概要(1,124KB)
太平洋工業グループのあゆみ(1,074KB)
太平洋工業グループのめざす姿(849KB)
価値創造モデル(749KB)
特集 トップ対談 ― 太平洋工業らしい、サステナビリティ経営を紡ぐ。 ―
代表取締役社長 小川信也 
× 株式会社日本政策投資銀行 設備投資研究所 エグゼクティブフェロー 竹ケ原 啓介氏(982KB)
太平洋工業グループのマテリアリティ(1,306KB)
マテリアリティに基づくサステナビリティ経営(924KB)
マネジメント(965KB)
ステークホルダーとの信頼醸成(1,387KB)
製品を通じた社会・顧客課題の解決(1,236KB)
環境負荷の極小化(1,479KB)
人財の尊重と活躍(1,220KB)
財務
第三者意見(883KB)