採用情報

人財育成

太平洋工業では、社員を「人材」ではなく、「人財」と表現します。その大切な「財産」である社員が、「グローカル」(※1)な人財に成長して欲しいと思っています。その為、「ものづくりはひとづくり」「座学から実践へ」の精神のもと、常に各職場の要望や現状に合った教育を実施していくため、教育推進委員会を立ち上げて毎年教育訓練プログラムの内容を検討しています。
  • 主な教育の紹介

内定者教育

内定後から入社までの期間、内定者教育を実施しています。

  • 英語:テキストを配布し、グローバルにご活躍いただくための準備をしていただきます。
    入社後にはTOEIC試験を実施します。
  • マナー、心構え:通信教育を受講し、入社前に知識を習得していただきます。
  • 通信連絡:近況報告や質問をしていただきます。こちらからは会社や業界の近況報告、質問に対する回答をし、
    不安解消の為のコミュニケーションをはかります。
  • 内定者懇談会:想いの共有化をはかり、仲間となる気持ちの準備をしていただきます。
    また、先輩社員との交流会を通して、近い将来の自分を思い描いていただきます。

新入社員教育

里山の森体験学習
里山の森体験学習

正式配属されるまでの期間、新入社員教育を実施しています。

3週間前後の集合教育や工場見学・合宿研修を実施します。学生から社会人へ切り替えるための、礼儀やマナーなどの基本的事項から始まり、当社の事業内容や製品、仕事をする上での考え方(トヨタ生産方式や品質・安全など)を幅広く学びます。

合宿教育では、同期の仲間との絆を深めていただくと共に、社会人として常識・思いやりなど社会人の基本を学んでいただきます。また、「太平洋里山の森」で森林体験活動を行い、当社の環境への取り組みや、自然の大切さへの理解を深めていただきます。

さらに集合教育後には、「ものづくり」を肌で理解していただくために、工場実習を実施します。
その後、当社のコア技術となるプレス・溶接・特許・測定等の専門技術教育を随時行ないます。

受講者の声

  • 合宿では、挨拶の大切さ、協力し合う大切さ、自分の人生や、人・モノに感謝するということを改めて学ぶことができました。先輩の経験談を聞いて、大変そうでしたが、本人はとても楽しそうに話していました。困難な仕事こそ、やり遂げた時の達成感は大きいものだと思いました。
  • 不良品をなくし、高品質を維持し、一円一秒にこだわり、無駄をなくして、当たり前のことを誰にもできないくらい当たり前にできる社員になりたい。安全体感教育を受けて、決められたことを確実に守ることが自分の身を守ることだと学びました。

職場先輩制度

正式配属後一年間、新入社員を職場の先輩がマンツーマンで指導します。また職場全体で強力にサポートし、新入社員の早期育成を図ります。

制度の詳細と先輩・後輩の対談は、こちらをご覧ください。

職能別研修

各職能で必要とされる知識やスキルを習得するために、品質管理・専門技術・安全衛生等の研修を各部門で実施しています。配属後から定年まで、自分の能力を磨き続けることができます。

5年目研修

入社5年目の社員を対象に、今より一段上のレベルを目指してもらうための集合研修を行ないます。自己診断や対人関係について学ぶことにより、職場の中核となり、若手や後輩のとりまとめ役となれるリーダーを育成します。

問題解決力研修

社員ひとり一人に問題解決力の「型」を習得させ、実務においても問題解決を実施・推進しています。階層別にスタッフ全員が受講し、組織として問題解決力を向上することを目指します。

語学研修

グローバルにご活躍いただくために、TOEICの点数を昇格要件にあげています。外部から講師を招いて希望者に対して英語研修を実施し、目標クリアのサポートをしています。また、海外赴任者には、別途個人レッスンも実施しています。

海外研修

「JC青年の船とうかい号」と「ノートルダム大学エクゼクティブ短期特別プログラム」に毎年各1名参加しています。

「JC青年の船とうかい号」は、団体生活・異文化交流を通じて自己の人間形成をすることを目的とし、約一週間400名の参加者と寄港地(サイパン・グアム・台湾等)に向けて船の旅をし、チームにわかれて体育祭やフェスティバルを競い合います。
「ノートルダム大学エクゼクティブ短期特別プログラム」は、160年以上の歴史を誇るアメリカの名門大学に留学し、現地ビジネスマンとの交流、ホームステイを通して、「グローバル人財」のエッセンスを短期で習得します。

とうかい号参加者の声

改めて自分の生きる「道」について見つめ直すことができる良い機会となりました。
限られた時間で、いかに仲間と協力してよい結果を出すか、という活動の中で、メンバー間に深い絆が生まれ、心から信頼しあえる仲間関係を築くことができました。寄港地台湾で、異文化に触れる貴重な経験ができました。


米国PMO社出向

ノートルダム短期留学参加者の声

大学の講座は予習もしていくのでそれほど苦しむことはないですが、街中で単純な単語すら聞き取れないという悲しい現実に直面したことがありました。これは、どれだけ日本の英会話教室に通おうとも味わうことができない貴重な経験ができました。
ますますグローバル化が進む中、他国の人々とコミュニケーションを図る上で、英語を習得することが、何より大切であることを再認識しました。

社外留学

技術部門・開発部門の次期リーダーとなるべく人財を、最新技術の習得・当社の技術力向上・開発のスピードアップを目的に、博士号取得のため大学に派遣しています。

得意先での出向研修

得意先に1~2年間出向し、日本のトップレベルの技術者と一緒に仕事をすることによって、自分自身の技術もスキルアップをはかることができます。

自己啓発通信教育

OA・パソコン、語学、資格取得、製造・技術、ビジネス実務等各人がそれぞれの業務・レベルに応じて自分のスキルをアップさせる為学習しています。修了後は、受講料の半額を会社が補助しています。

その他自己啓発支援

各種資格取得のための支援や特殊技術等の社内勉強会を積極的に行っています。ITパスポート試験資格取得に当たっては、教材の配布や社内勉強会を行い、全社をあげて資格取得に挑戦しています。

その他、階層別教育や専門教育など多彩な教育プログラムを準備し、人財の育成に力を入れています。

お問い合わせ

太平洋工業株式会社 人事部
〒503-8603 岐阜県大垣市久徳町100番地

TEL : 0584-93-0120(直通) FAX : 0584-92-1804
E-mail : メールはこちらから