採用情報

職場先輩制度

今井 佑亮 × 森 俊貴

職場先輩制度インタビュー

Q1:現在の仕事内容を教えてください

今井:

高精度プレス製品の品質保証業務を担当しています。お客様により品質の良いものを提供する為の、品質管理の仕組み作りをしています。また、社内の工程内不良対策も行っており、不良が発生した場合の要因調査・分析・対策検討も担当業務です。
工程内不良が“0”になれば、客先クレームも“0”となりますので、工程内不良“0”を目標に業務に取り組んでいます。
これからは、新製品の量産立ち上げが立て続けにあり、品質の良い製品をお客様に提供できるように、職場の仲間と一致団結して早期の問題点の討ち取りを行っていきます。
 森:
次世代のオートマトランスミッションに使われる高精度プレス製品の生産準備がメイン業務です。生産準備とは、新製品が量産に至るまでの準備のことです。具体的には、最初に試作をして、試作品をお客様に出荷。その中で、工程や品質をブラッシュアップしていきます。それと並行して、量産設備の打ち合わせと工程設計。その後、量産設備の導入・ラインの立ち上げ。ここまでを一貫して担当するのが私の業務です。
答えがないところから見つけていかなくてはいけないことに苦労しつつも、やりがいを感じています。

Q2:職場先輩制度がスタートした時の気持ちは?

今井:
私が新入社員だった時に先輩にしてもらったことを、自分が後輩にできるかどうか心配でしたが、職場先輩になるのは初めてというのもあり、正直嬉しかったです。私自身も初心に戻って勉強できる良い機会ですし、一緒に頑張っていける、良きライバルのような関係を築いていきたいと思いました。
また、製造業の醍醐味というのは、現地現物で仕事をして、自分で考えたことが成果や形として見えた時に喜びを感じられるところにあると私は考えます。一緒に仕事をしていく上で、そういうところを少しでも感じ取ってもらえたらと思いました。喜びがあれば仕事も楽しいですよね!
 森:
正式配属が決まった時は、まず何をどうすればいいのか全くわからず、ただただ不安でした。そんな中、配属されてすぐに私と先輩と上司で一年間の業務スケジュールを話し合う機会を設けて頂き、一年間の道筋を立ててもらいました。それでだいぶ自分が何を担当するのかが見えてきましたし、困った時に誰に質問すればいいのかもわかったので、安心しました。

Q3:二人がペアになって、お互いの第一印象はどうでしたか?

今井:
好青年な上に、いかにも仕事ができそうな子で、実際話してみると楽しく会話もでき、友達のような感じがしましたし、コミュニケーションが上手ですので、この子なら大丈夫だなと思いました。ひょっとしたら抜かれるのも時間の問題かもしれないという危機感も正直あり、先輩として自分も頑張らなくてはいけないと思いました。
 森:

年が近いというのもあって、会社の先輩というより、大学の気さくな先輩という感じで、相談しやすい雰囲気でした。実際、他部署とのパイプ役になるような仕事をされていることも多く、色々な部署の人から相談されている様子を見て、周りの人から信頼されているのだと思いました。私も、周りから信頼される仕事がしたかったので、この人のようになりたいと思いました。

Q4:印象に残っているエピソードは?

今井:
ある製品の測定を、時間がかかるので不便を感じながらも、当然のように従来通りの方法で行っていました。その時、まだ配属されて1~2ヶ月の森君が横にいたのですが、ふと、「こうしたら早くなりませんか?」と言うので、その通りにやってみたら、ものすごく早くできました。やはり、固定概念にとらわれない若くて新しい考え方も大事だと思いましたし、この制度は自分にとっても得るものがあると感じました。
 森:
毎朝夕に行っていた「討ち取り会」です。この「討ち取り会」は、生産技術・品質保証・製造の担当者が三位一体となって、問題に対しスピード感をもって対策を打つ為に結成された会です。
ある問題がなかなか改善されずにいたのですが、今井さんの品質保証という立場からの見解が当たって、無事解決しました。生産技術・品質保証・製造など、それぞれの担当から色々な要因を考えることができ、自部署にはわからない意外な切り口に答えがあるということを経験できた貴重な機会でしたし、今井さんと一緒に問題を解決できたということが、印象に残っています。

Q5:職場先輩制度の良いところはどこですか?

今井:
なるべく新入社員と目線の近い人が先輩社員になるので、精神的な面で新人をサポートすることができますし、先輩が、上司と新人とのパイプ役になることで、新人が安心感を得ることができるのが一番良いところではないでしょうか。
また、この制度は「教える・教えられる」という堅い制度ではなく、一緒に仕事をし、一緒に考え、お互いに成長し合える良い制度だと思います。
 森:
右も左もわからない新人にとっては、よき道標として先輩がついてくれるのはとても助かります。実務とは関係ない会社のルール等、初歩的なことも質問できますし、上司には言いづらい自分の思いなども聞いてもらっています。もちろん実務の面でも一番に相談できる人であり、業務が停滞していないか常に気にかけてもらえます。新人が安心して仕事に臨める環境を作り出してくれるところがこの制度の良いところです。

Q6:先輩/後輩に対して思うことや今の関係は?

今井:
これからも可愛い後輩でいてください。それだけではなくて、一緒に仕事をしていく上で、助けてもらったり、お互い高め合ったりしていける関係だと思います。
 森:
何でも相談できるお兄ちゃん的存在なので、これからも変わりなく今の関係でいてほしいです。

Q7:最後に学生の皆さんにメッセージをお願いします。

今井:
働く前は不安があると思います。私自身も不安でした。でも、配属されてすぐに先輩がついてくれますし、職場先輩以外にもバックアップしてくれる先輩方が多くいますので、ご安心を!
 森:
いろんな目線で企業選びをすると思います。新人のサポート体制について考える人もいるでしょう。それに関して言えば、太平洋工業は新入社員をバックアップする体制がしっかりしているので、心配することはありません!!
お問い合わせ

太平洋工業株式会社 人事部
〒503-8603 岐阜県大垣市久徳町100番地

TEL : 0584-93-0120(直通) FAX : 0584-92-1804
E-mail : メールはこちらから