お問い合わせはこちら

  • トップ
  • 2015年“超”モノづくり部品大賞「環境関連部品賞」を受賞しました

2015/10/13 2015年“超”モノづくり部品大賞「環境関連部品賞」を受賞しました


燃料電池自動車用リリーフバルブ


表彰状

このたび、当社の「燃料電池自動車用リリーフバルブ」が、モノづくり日本会議・日刊工業新聞社共催の「2015年“超”モノづくり部品大賞」において、「環境関連部品賞」を受賞しました。
“超”モノづくり部品大賞は、産業や社会の発展に貢献することを目的として、縁の下の力持ち的存在である製品・部材に焦点をあてた顕彰制度で、2003年に創設されました。当社の同賞受賞は、2010年の「光輝フィルムドアハンドル」、2012年の「2槽式オイルパン」、2013年の「超軽量・発泡成形エンジンカバー」に続いて4回目となります。
今回受賞した「燃料電池自動車用リリーフバルブ」は、トヨタ自動車のFCV「MIRAI」に搭載されている、圧力調整弁です。減圧弁より下流のシステムの圧力が異常値になった場合、このリリーフバルブが状況に応じて自動的に開弁・閉弁し、システム内の圧力異常を防ぎます。燃料電池自動車の動力の核となる水素を安全に管理する機能に貢献する技術が評価されました。

2015年“超”モノづくり部品大賞贈賞式は、10月13日(火)にホテルグランドパレス(東京都千代田区)で執り行われました。

※2015年“超”モノづくり部品大賞のホームページはこちら
http://www.cho-monodzukuri.jp/award/