お問い合わせはこちら

  • トップ
  • 小川科学技術財団の平成26年度助成金贈呈式が行われました

2014/12/16 小川科学技術財団の平成26年度助成金贈呈式が行われました





2014年12月15日(月)、公益財団法人小川科学技術財団の平成26年度助成金贈呈式が、大垣フォーラムホテルで開催されました。

この財団は、当社の創業者である故小川宗一が、科学技術の振興と地域産業の発展に寄与することを目的に、1985年(昭和60年)に私財1億円を投じて設立。毎年、岐阜県内の大学や高専・短大、高校などの研究者らを対象に、助成金の交付を行っています。

2012年には同財団の特別顧問(前理事長)で、太平洋工業の相談役名誉会長である小川哲也が、太平洋工業の普通株式60万株(時価総額2億8千万円)を財団に寄贈したため、安定した収益財源が確保されました。これによって助成事業の拡大と内容の充実が図られ、第29回目となる今年度は、42件の応募の中から、下記25件の研究課題に対し、総額1,415万円の助成を行いました。


■研究助成(15件)

【大学及び学術・試験研究機関】
1.工具すくい面における刃先近傍の切削温度測定システムの開発
 岐阜大学 工学部 機械工学科 准教授 新川真人
2.液体燃料製造を目的とした建築廃材のガス化
 岐阜大学 工学部 化学・生命工学科 助教 隈部和弘
3.凝集性が低下した高分子の物性解析
 岐阜大学 工学部 化学・生命工学科 助教 三輪洋平
4.ベントナイト系土質材料の透水性評価法に関する研究
 岐阜大学 工学部 社会基盤工学科 准教授 神谷浩二
5.SBHS700を用いた次世代型鋼ハイブリット桁溶接部の溶接割れ機構の解明と強度評価
 岐阜大学 工学部 社会基盤工学科 助教 木下幸治
6.導電性高分子/無機半導体界面誘起電界を利用した新型太陽電池の開発
 岐阜大学 工学部 電気電子・情報工学科 助教 松木伸行
7.高感度ライブセルイメージングを目指すシグナル増幅型硫化水素蛍光プローブの開発
 岐阜薬科大学 薬化学研究室 准教授 奥田健介
8.ユーザが感じる品質を可視化するサービス品質マップ構築システムの開発
 朝日大学 経営学部 経営情報学科 准教授 矢守恭子

【高等専門学校・短大等工業教育機関】
1.水田魚道のモニタリングシステムの構築と在来種タモロコの遺伝的多様性に関する調査研究
 岐阜工業高等専門学校 環境都市工学科 教授 和田清
2.磁気浮上技術を応用した非接触把持搬送装置の教材開発
 岐阜工業高等専門学校 電子制御工学科 准教授 小林義光
3.結晶表面の時定数評価のための装置改良
 岐阜工業高等専門学校 電子制御工学科 助教 籾山克章
4.臨床看護師との連携によるシュミレーション教育を活用した学習支援プログラムの開発
 大垣女子短期大学 看護学科 准教授 本田可奈子

【高等学校等工業教育機関】
1.電気自動車におけるブラシレスモータ駆動方法の探求
 岐阜工業高等学校 電子機械科 実習教諭 内海裕憲
2.缶サット製作を通して学ぶ大空の世界
 大垣工業高等学校 電子科 教諭 川畑茂
3.3Dプリンタによる新しいものづくり教育の研究
 岐阜総合学園高等学校 総合学科 教諭 石井正人



■特定研究助成(6件)

1.Calcium Ferriteを用いた蓄熱型高効率水素製造技術に関する研究
 岐阜大学 工学部 機械工学科 准教授 小林信介
2.創薬におけるバリデーションリスク回避のための一本鎖miR-205の開発
 岐阜大学 工学部 化学・生命工学科 教授 北出幸夫
3.見えない光を役立つ光に変換できるねじれたπ電子系の構築
 岐阜大学 工学部 化学・生命工学科 教授 村井利昭
4.三次元ネットワーク構造を有する光応答性液晶の薄膜機能化
 岐阜大学 工学部 化学・生命工学科 教授 沓水祥一
5.ビル空調電力需要の広域群抑制による環境負荷ゼロの仮想発電所
 岐阜大学 工学部 電気電子情報工学科 教授 蜷川忠三
6.移動体環境を活用したユーザー体験拡張インタラクションデザイン
 情報科学芸術大学院大学 メディア表現研究科
 

■国際交流助成(4件)

1.岐阜大学大学院連合農学研究科海外現地研究交流会
 岐阜大学大学院 農学研究科 研究科長 千家正照
2.環境負荷の低減と災害に対する強靭性を備えた都市インフラ整備
 岐阜工業高等専門学校 校長 北田敏廣
3.ミャンマーの大学における物理学実験のあり方と実践
 岐阜大学教育学部 工学研究科 教授 仲澤和馬
4.8th Aachen-Dresden International Textile Conference
 岐阜大学複合材料研究センター 魚住忠司