お問い合わせはこちら

  • トップ
  • 次世代育成支援として科学教室を開催しました

2011/08/08 次世代育成支援として科学教室を開催しました





企業のアイデアを実験!
未来の博士を育てる科学教室「おどろきの風力発電」
2011年8月7日(日) 大垣市スイトピアセンター

未来を担う子供達にものづくりの素晴らしさを伝え、興味・関心を高めてもらう次世代育成支援活動の一環として、大垣市文化事業団と協力し、小学生を対象とした科学教室を開催しました。
「おどろきの風力発電」と題したこの科学教室では、ペットボトルで風車を作り、風力発電に挑戦。ハイブリッド自動車や電気自動車の部品となるモーターの電動機や発電機の機能・しくみを楽しく学んでいただきました。
子供達からは、「電気ができるしくみがわかっておもしろかった!」という感想をたくさんいただきました。
今後も、こうした実験・工作を通じて、子供達に科学のおもしろさを伝えていけるような活動を推進していきたいと思っています。