CSR・環境情報

社会貢献活動

当社は、豊かな社会の実現に貢献する活動を展開しています。

当社は、社会の持続的な発展と地域の皆様から信頼される企業をめざし、積極的に社会貢献活動を推進しています。
それぞれの国や地域に根ざした活動を推進し、「良き企業市民」として豊かな社会の実現に貢献する活動を展開しています。

次世代教育支援

(1)創業85周年を記念し自治体へ寄付

神戸町長に目録贈呈

神戸町長に目録贈呈

大垣市長に目録贈呈

大垣市長に目録贈呈

2015年10月、創業85周年を記念して、大垣市をはじめ各工場等が所在する県内外7自治体(大垣市、神戸町、養老町、垂井町、美濃市、小竹町、栗原市)に対し、青少年健全育成に役立てていただくため総額550万円を寄付しました。

(2)産学官の連携

金型づくりを学生に指導

金型づくりを学生に指導

産学官連携支援組織として2001 年に設立された「岐阜大学地域交流協力会」は、当社社長が初代会長として立ち上げ、拡大に尽力するとともに、会社としても共同研究による新製品開発の推進など、学外から岐阜大学を支援しながら大学の技術シーズの活用を進めています。

県内のものづくり企業を中心に200 以上の団体・企業が参加して、産学官連携の実施と支援を行うとともに、産学官一体となった次世代人材育成に取り組んでいます。

(3)工場見学、インターンシップの受け入れ

工場見学受入れ

工場見学受入れ

インターンシップ指導風景

インターンシップ指導風景

当社は、ものづくりの現場をより多くの皆様に知っていただくため、大学や高校などの学生を対象としたインターンシップ(就労体験)や工場見学の受け入れを行っています。

(4)小川科学技術財団

小川財団の助成金贈呈式

小川財団の助成金贈呈式

小川科学技術財団は、科学技術の振興と地域産業の発展に寄与することを目的として、1985年に当社の創業者故小川宗一が設立した財団法人で、2010年12月1日より公益財団法人として認可されました。毎年、岐阜県内において科学技術に関する学術・教育および試験研究を行っている研究者や産業振興団体等に助成を行っています。

公益財団法人 小川科学技術財団

ページトップへ戻る

スポーツ・教育・文化振興


女子ソフトテニス部のメンバー

女子ソフトテニス部のメンバー

ぎふ清流国体 オフィシャルスポンサー

ぎふ清流国体ではオフィシャル
スポンサーとして支援しました

当社では、各種スポーツ・教育・芸術・文化等の振興を積極的に支援し、地域や各種団体に対して資金援助等を行っています。

当社の女子ソフトテニス部は、岐阜県からの強化指定を受け、会社のシンボルスポーツとして社会人1部リーグ「日本リーグ」に所属し日々活動に取り組んでいます。

ソフトテニス部

FC岐阜によるサッカー教室

FC岐阜によるサッカー教室

FC岐阜によるサッカー教室

当社は、J2に所属する「FC岐阜」に対し、株主として出資を行い、グループをあげて「FC岐阜」を応援しています。選手を招いてサッカー教室を開催したり、横断幕やうちわ等の応援グッズも作成しサポーターとして盛り上げています。

ページトップへ戻る

地域との交流

(1)十万石祭り

若手社員の南中ソーラン演舞

若手社員の南中ソーラン演舞

十万石祭り

当社は、地域の活性化と交流を深めるため、地元の祭りやイベントに積極的に参加しています。
毎年10月に大垣市で開催される「十万石祭り」には企業みこしを担いで参加しています。
みこしの練り歩きとともに恒例となった若手社員による「南中ソーラン」演舞は、毎年好評を博し、地元の祭りを大いに盛り上げています。

フォトアルバムはこちらから

(2)よさこいチームのボランティア活動

小学生によさこいを指導

小学生によさこいを指導

当社の若手社員で結成している「よさこいソーランチーム“十万石熱想舞人”」は、毎年、大垣市十万石祭りに参加するとともに、福祉施設や小学校、地域で行われる各種行事等にボランティアで参加し、見ていただく方々に勇気と感動と情熱が伝わるような演舞を披露しています。
小学校では、運動会でよさこいソーランを踊る子供達に演舞指導を行っています。子供達一人ひとりと真剣に向き合い、踊りを通じて一生懸命頑張ることの大切さ、素晴らしさを伝えています。

フォトアルバムはこちらから

(3)O-KAKIプロジェクト

O-KAKIプロジェクト

O-KAKIプロジェクトは、長崎の原爆で生き残った柿の木の苗を、平和のシンボルとして学校や企業等に植樹する活動で、当社はこのプロジェクト設立時から継続的な支援を行っています。

柿の木との出会いを通して、子供達が命の大切さを考えたり、柿の木のように力強く生きてくれることを願い、活動を推進しています。

2002年に企業への植樹第1号として、当社に植樹された柿の木は、毎年大きな柿を実らせるまでに成長しました。

(4)地域との共助

AEDを使用した救命講習

AEDを使用した救命講習

当社では、災害発生時、企業が保有している組織力や資機材・技術の提供、従業員による救助活動、一時避難所としての社有施設の開放などを検討し、地域と協同・連携することにより災害に強い地域をつくる活動を推進しています。創業75周年の際には各自治体にAED(自動体外式除細動器)を寄贈しましたが、各工場にもAEDを設置し、社内救命士の養成による救命体制向上を図っています。

ページトップへ戻る

地球環境保全

(1)太平洋里山の森

太平洋里山の森

海づくり大会のマスコット・ヤマリンも参加

海づくり大会のマスコット・ヤマリンも参加

当社は、岐阜県ならびに大垣市と「企業との協同による森林づくり」協定を締結し、2009年2月から、岐阜県大垣市上石津町内の「太平洋里山に森」において、地域一体となった総合的な里山づくり活動を推進しています。
2010年に岐阜県で開催された「第30回全国豊かな海づくり大会」やCOP10にも協賛・参画し、植樹活動や森林体験、どんぐりの苗を育てる活動を行っています。

(2)生物多様性の取り組み

生物多様性の取り組み

生物多様性の取り組み

当社は、「日本経団連生物多様性宣言」推進パートナーズに参加し、生物多様性の保全を重視した自然保護活動を推進しています。
その活動の一環として、大垣市環境市民会議が主催する「水門川いきいきプロジェクト」に参画し、近隣小学校が実施する「カワゲラウォッチング」のサポートを行っています。
身近な河川に住む生物を調べ、河川の水質や環境の現状を知り、水質の保全および浄化の重要性を子供達に知ってもらう活動を推進しています。

(3)ボランティア清掃活動

ボランティア清掃活動

ボランティア清掃活動

当社では、定期的に各工場周辺のゴミ拾いなどの美化清掃活動を行い、地域の一員として身近な環境保全に取り組んでいます。

また、大垣クリーン作戦や揖斐川クリーン作戦、「Make a CHANGE Day(全国一斉ボランティア)」にも積極的に参加しています。

ページトップへ戻る

障がい者支援活動

障がい者支援活動

当社では、特別支援学校からの就労体験の受け入れや、障がい者施設で製作したお菓子等の社内販売を各工場で定期的に行い、社会福祉への貢献活動を行っています。


ページトップへ戻る

災害復興支援

救援物資を送付

救援物資を送付

義援金の目録贈呈

義援金の目録贈呈

当社は、国内外で大規模災害が発生した際などに、被災者救援を目的として社内で義援金募集活動を行い、日本赤十字社等を通じて寄付を行っています。近年では、中国四川大地震・青海省地震、ハイチ大地震、チリ地震などの被災者に義援金を贈りました。
また、東日本大震災においては、義援金とともに食料や水、布団、軽油等の救援物資を送りました。


ページトップへ戻る

ボランティア活動推進

(1)従業員ボランティア支援

従業員ボランティア支援

当社では、従業員がボランティアを目的として有給休暇を請求した場合、優先的に取得を認めることを就業規則に明記し、従業員のボランティア活動を積極的に支援しています。

また、当社のボランティアクラブは、身近な清掃活動をはじめ、毎年カンボジアの井戸建設資金を寄付し、貧困に苦しむカンボジアの人々の支援を行っています。

太平洋ボランティアクラブ寄贈の看板が掲げられたポンプ式井戸。井戸1基で30世帯(約300人)の生活が潤います。

(2)ちょこボラ活動

各工場の自販機横に回収BOX設置

各工場の自販機横に回収BOX設置

当社では、誰もが気軽に参加できるボランティア活動として、ちょこボラ(ちょこっとボランティア)活動を推進しています。

書き損じハガキや使用済切手、未使用テレフォンカード、ペットボトルのエコキャップ回収活動等を実施し、従業員のボランティアに対する意識高揚を図っています。

ページトップへ戻る

途上国の教育支援

タイの小学校での贈呈セレモニー

タイの小学校での贈呈セレモニー

タイなどの途上国では、特に地方の小さな小学校で教育施設の未整備や備品が不足している現状があります。
当社のPacific Industries(Thailand)Co.,Ltdでは、毎年近隣の小学校にパソコンやDVDプレーヤー、プロジェクター、コピー機等を寄贈しています。

ページトップへ戻る